本文へスキップ

福岡県筑紫野市の法律事務所 ちくし法律事務所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-925-4119

自己紹介hidenori urata

弁護士 浦 田 秀 徳


筑紫野、太宰府、大野城、春日の弁護士浦田秀徳
 1959年(昭和34年)
 唐津市生まれ

 大阪府岸和田市で高校まですごしま
 した。

 高校3年のときだけ泉佐野市に住ん
 でいました。

 1978年(昭和53年)九州大学
 に入学し福岡県宗像市に転居しまし
 た。


大学ではワンダーフォーゲル部に在籍し、山に登っていました。

司法試験受験勉強中は福岡市東区筥松に下宿していました。

1984年4月から東京の湯島にあった司法研修所に入所しました。

寮は千葉県の馬橋にあり、常磐線・千代田線で通勤しました。

実務修習地は福岡。
民事・刑事裁判修習は福岡地方裁判所でした。

検察修習は福岡地方検察庁、弁護修習は福地法律事務所。
それぞれのお世話になりました。

1986年4月、福岡県弁護士会に弁護士登録。
筑紫野市二日市にあった稲村法律事務所に入所しました。

共同事務所になり、筑紫共同法律事務所に名称を変えました。
その後、ちくし法律事務所に名称変更していまに至っています。

以来26年間、筑紫地域に根ざし
地域の市民事件や中小企業の案件を多数手がけてきました。

心配ごと相談員の先生方との学習会をしたり、裁判傍聴にご案内したり
地域でおこなわれる市民法律講座の講師などもしたりしてきました。

福岡県中小企業家同友会の筑紫支部に所属して
中小企業経営者のみなさんと企業経営について学んでいます。

太宰府ロータリークラブに所属して
地域のさまざまな異業種の方々と交流し奉仕の精神を学んでいます。

薬害エイズ事件では九州訴訟の事務局長、ハンセン病事件では
西日本訴訟の副代表、薬害肝炎事件では九州訴訟の共同代表も務めました。

とにかく幅広くご相談に応じることを心がけています。
問題の解決に向けて、26年の知恵を経験を日々傾けています。

依頼者とともに泣き、依頼者とともに怒り
依頼者とともに笑うことがモットーです。

法律紛争がつねにうまい具合に決着するわけではありませんが
お客さまがいまより少しでも幸せに近づけるよう、とにかく頑張ります。

事務所所在地ちくし法律事務所

〒818-0056
福岡県筑紫野市二日市北
1-1-5
(西鉄二日市駅徒歩2分)
TEL 092-925-4119
FAX 092-925-4127


[ 相談時間 ]
平日  9時〜17時
 ※17時〜20時も対応可能
        (要予約)
土曜日 10時〜15時

[ 相談料 ]
【 無料相談 】
交通事故・相続・借金・労働
の初回相談
【 その他の一般相談 】
5,400円/30分

【 取 扱 事 件 】
≪ 交通事故 ≫
慰謝料・後遺症・過失割合・休業損害・逸失利益・自賠責・自動車保険・任意保険・自転車

≪ 賃貸借・不動産 ≫
貸しビル・家賃滞納・建物明渡し・土地明渡し・敷金・賃料増額・賃料減額・借地借家・不動産取引・境界・共有物分割・取得時効

≪ 登記 ≫
相続登記・所有権移転登記・抵当権登記・農地転換

≪ 消費者 ≫
クーリングオフ・悪徳商法・マルチ商法・消費者契約

≪ 離婚 ≫
慰謝料・養育費・親権・財産分与・面会交流・婚姻費用・監護権・DV・扶養・家事調停・家事審判・不倫・不貞行為・別居・年金分割

≪ 相続 ≫
遺産分割・遺留分・相続税・遺言・遺言執行・特別縁故者・特別受益・生前贈与

≪ 労働問題 ≫
残業代・解雇・労働災害・労災事故・セクハラ・パワハラ・退職金・有給休暇・過労死・偽装請負・契約社員・派遣

≪ 成年後見 ≫
後見人・高齢者・障害者・財産管理

≪ 刑事・少年事件 ≫
執行猶予・罰金・国選弁護・私選弁護・告訴・告発・保釈・不起訴・逮捕・勾留

≪ 建築請負・建築工事 ≫
売掛金・買掛金・請負・欠陥住宅・欠陥建築・下請け

≪ 医療過誤 ≫
患者側・医療調査

≪ 行政事件 ≫
異議申し立て・不服審査

≪ 会社 ≫
競業・知的財産・事業承継・情報管理・企業・法務・解散・製造物責任

≪ 顧問 ≫

≪ 法律セミナー講師 ≫
出張講義・講演

≪ 契約書 ≫
契約交渉・契約書作成・契約書確認・内容証明郵便

≪ 借金 ≫
破産・倒産・債務整理・個人再生・任意整理・過払い請求・消滅時効・時効援用

≪ その他 ≫
示談・和解・訴訟・調停・家事審判・労働審判・強制執行・差押え・仮処分・家庭裁判所・簡易裁判所・地方裁判所・高等裁判所・最高裁判所